横浜でおすすめのペニス増大治療クリニックはこちら!

亀頭の平均サイズとは?
成人でも亀頭増大は可能?

2019/01/10

亀頭のサイズは人それぞれですが、平均サイズがどのくらいかご存知ですか?
デリケートな話題なので、他の人にサイズを聞くことは難しいです。
しかし、平均サイズが分かれば自分の亀頭は小さいのか判断する目安になります。
今回はカリ(亀頭)の平均サイズについてご紹介しましょう。

日本人男性の亀頭の平均サイズとは?

日本人男性の陰茎の平均サイズは通常時で8cm、勃起すると13.5cmと言われています。
そして、気になる亀頭のサイズは平均約3.5cmだそうです。
オナホールブランド「TENGA」のデータでも、亀頭の直径は3.53cmと算出されています。
つまり、亀頭のサイズが平均以上なら人並み以上に大きく、平均以下なら人よりも小さいということになります。
自分のサイズが気になる方は実際に測定してみましょう。
亀頭の直径は一番太い部分の横幅をメジャーで1周させれば簡単に測定できます。

成人で亀頭の成長は難しい?

男性器は成長ホルモンの分泌が多い思春期に体や心と一緒に成長していきます。
思春期を過ぎてしまうと、何もせず自然と大きく成長するということは難しくなってしまいます。
しかし、成人して亀頭が小さいと悩む人は多いです。

食事バランスを大事にする

アミノ酸は男性器の増大につながる成分と言われています。
例えば、アルギニンは男性器の血流を良くしたり、男性ホルモンや成長ホルモンの分泌を促したりする効果があります。
なので、アミノ酸が豊富な食事を心掛けると亀頭が大きくなる可能性があります。
ただ、アミノ酸だけで形成されるものではないので、栄養バランスを重視した食生活が重要です。

運動で血液循環を良くする

運動をすると血液の循環が良くなります。
亀頭やペニスのサイズアップは血流を良くし、男性器に血液がたくさん流れ込む状態にすることが大切です。
運動不足と感じている方は、継続して運動に取り組んでみましょう。

他にもペニス増大サプリやトレーニングでも増大効果に期待できます。
ペニス増大サプリにはアルギニンやシトルリンなど増大に必要な成分がたくさん入っているので、食事では補えない栄養や量を手軽にカバー可能です。
一方、トレーニングは男性器に流れる血流を増やしたり、PC筋を鍛えたりする効果で、増大が測れる仕組みです。
このように、成人を迎えても自力で増大は可能ですが、いずれの方法も長い時間をかけて取り組む必要があることを理解しましょう。

確実にサイズアップするなら亀頭増大の治療がおすすめ

手っ取り早く、確実に亀頭増大をしたい場合はクリニックでの治療が効果的です。
泌尿器科や男性専門クリニックでは、コラーゲンやヒアルロン酸などが注入薬剤を注入し、亀頭のサイズアップが行えます。
亀頭増大の治療なら受けた直後から亀頭が大きくなるので、即効性と確実性に優れています。
通常時と勃起時、どちらも自然なボリュームでキープでき、注入薬剤剤の違和感もありません。
コラーゲンやヒアルロン酸は体に含まれる成分の一つで、アレルギーや副作用のリスクはかなり少なく、厚生労働省も安全性を認めています。
体に吸収される性質を持つので、効果は1年~2年で薄れることを理解しましょう。
ただし再度治療すれば再びサイズアップできるので、体に負担をかけずに亀頭増大を図りたい方におすすめです。

一般的に、性行為に問題ない長さであれば亀頭が小さくても特別支障はないと言われています。
しかし、亀頭が小さいことで男性器の見た目に迫力が欠け、平均以下である事実にコンプレックスを持ってしまう方は多いでしょう。
亀頭増大の方法にも様々なものがありますが、なかなか効果が出ないと悩む方も多いです。
クリニックの治療なら確実に亀頭の増大ができるので、コンプレックスを持つ方は医師に相談してみましょう。

厳選クリニック5院